トレンド

キリンのヒット商品「本麒麟」!コロナ禍の家飲みで人気な理由とは?

本麒麟のパッケージ

キリンの「本麒麟」がコロナ禍の家飲みで人気を集めています。

2020年11月26日に放送の「カンブリア宮殿」でもその好調ぶりが紹介されるほどです。

今回は、「本麒麟」がコロナで不況のなか、家飲みも後押ししヒット商品となった理由に迫ります。

<スポンサーリンク>

キリンのヒット商品「本麒麟」 コロナでも売り上げ好調

「本麒麟」は2018年3月に新ジャンル飲料として発売されて以来、ヒット商品としてキリンを牽引しています。

新ジャンル飲料はビールに比べてリーズナブルであるため、毎日お酒を飲みたい人たちから支持されています。

ビール

「本麒麟」は発売を開始してから2年目の2020年3月には10億本を突破し、同5月には11億本を突破するという驚異的な勢いで売り上げを上げていました。

 

「本麒麟」が10億本から11億本に急激に売り上げを伸ばした期間は、新型コロナウイルスの影響で、

2020年4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大、同年5月26日に緊急事態宣言解除

の期間に当たります。

巣ごもりで家飲みが急増したのが原因ですが、なぜここまで売り上げを伸ばせてのでしょうか?

<スポンサーリンク>

「本麒麟」人気の理由1 味わい

新ジャンル飲料は価格が低いため味がいまいち!

というイメージを覆したのが「本麒麟」です。

本麒麟を飲む画像

キリンは「本麒麟」の味わいを本物のビールに最大限近づけることで、消費者の新ジャンル飲料に対する不満を解消したのです。

”消費者は本当はビールを飲みたいが、毎日ビールを飲むお金がないため、新ジャンルを飲んでいる”

キリンはという消費者の思いに応えることに成功したわけですね!

 

キリンビールは異端児社長と言われる磯崎功典氏の元で改革を行ってきました!

大幅に低迷していた売り上げを回復するために、顧客の心を掴むのはまさに改革の成果ではないのでしょうか!

磯崎功典の経歴 キリンHD社長のプロフィールや気になる年収は?キリンビール社長の磯崎功典氏は、異端社長として知られています。 というのも、コロナの影響でビールメーカーは軒並み苦境に立たせていますが、 キリンビールは磯崎功典氏の積極的な改革の結果、不況のなか独り勝ちの状態です。 その業績が注目され、2020年11月26日放送の「カンブリア宮殿」にも出演されます。 今回は、そんなカリスマ経営者である磯崎功典氏がどんな人物なのか気になったので、調査してみることにしました!...

「本麒麟」人気の理由2 若年層の消費者拡大!

缶チューハイの登場や味覚の多様化により、若年層のビール離れは年々拡大されていました。

しかし、「本麒麟」はここでも若年層のニーズを掴むことに成功しています。

SNSでの「本麒麟」の評価や口コミで、20〜30代にも「本麒麟」の認知度が高まったのです。

 

若年層にはテレビCMよりもTwitterやInstagramの方が宣伝効果が高いためですね。

「本麒麟」人気の理由3 深紅のパッケージ

3つ目の理由は、何と言っても「本麒麟」の特徴的なパッケージです!

本麒麟のパッケージ

深紅で際立つパッケージはインスタ映えもするため、SNSで晩酌をアップする「本麒麟」ファンが多数存在しています。

その投稿を見た若年層がさらに消費を拡大させていく好循環も生まれているようですね!

<スポンサーリンク>

キリンのヒット商品「本麒麟」!コロナ禍の家飲みで人気な理由とは? まとめ

ここまでキリンのヒット商品の「本麒麟」について書いてきました!

人気の理由を3つ挙げてみましたがいかがでしたでしょうか?

新型コロナの影響に負けずに快進撃を続ける「本麒麟」はさらに売り上げを伸ばしていけるのでしょうか?

今後がどうなるのか楽しみですね!