政治・社会

高鳥修一からクラスター? 国会議員コロナ初感染 濃厚接触者は?

高鳥修一衆議院議員が国会議員として初めて新型コロナウイルスに感染したことで、国会内でのクラスター発生を心配する声がSNSなどで上がっています。

今国会内でクラスターが発生すると、発足間もない菅政権にとっては大きな打撃となることが予想され、私たち国民に対する影響も少なからず考えられます。

そこで今回は、高鳥修一衆議院議員のクラスターに関してリサーチしました!

<スポンサーリンク>

高鳥修一衆議院議員のプロフィール

生年月日:1960/9/29(50歳)

学歴:早稲田大学法学部卒業

家族構成:妻と子供二人

趣味:ラーメン食べ歩き、ギターの弾き語り

特技:空手、錬士五段

経歴:第4次安倍改造内閣では、農林水産副大臣に就任。現在は自民党総裁特別補佐・筆 頭副幹事長として安倍総裁と二階幹事長を補佐し、新型コロナウイルス関連の対策に奔走する。

<スポンサーリンク>

高鳥修一衆議院議員からクラスター?

高鳥修一衆議院議員はどこで感染したのか?

クラスターに発展する可能性がある高鳥修一衆議院議員のコロナ感染ですが、感染源に関して高鳥氏本人は以下のようにコメントしています。

多くの皆さんからご心配頂き恐縮しています。
コロナ対策に取り組んで来た自分がまさか感染するとは。
手洗いもうがいも消毒もこまめにしており、周囲に感染者はおらず夜の街へも行っていないので全く心当たりが有りません。
幸い微熱が有るだけで検査の結果は良好です。
10日ほど入院のあと二度のPCR検査で陰性なら退院できるとのことです。
ご迷惑をおかけして誠に心苦しく思います。

高鳥 修一さんの投稿 2020年9月18日金曜日

コメントが事実であるならば、コロナ感染の感染源は未だ特定できていないということになります。

高鳥修一衆議院議員の感染前後の行動

クラスター源になる可能性のある高鳥修一衆議院議員は、9/18朝から37°Cを超える熱を出し、病院の抗原検査で陽性と判明、9/19現在は病院で療養中です。

以下に9/14〜9/17までのクラスターに関係のある高鳥衆議院議員の行動をまとめました。

9/14 両議員総会に出席

全ての国会議員(394人)都道府県連の代表(141人)が出席

9/15   新潟県内を訪問

9/16 新潟県内を訪問、国会出席

9/17 自民党・細田派の会合に出席

14日の両議員総会では、安倍総裁の後任選出のための投票で、計535人もの国会議員と都道府県の代表が出席しているため、クラスターが発生してもおかしくはない状態と考えられます。

<スポンサーリンク>

高鳥修一衆議院議員は国会議員初のコロナ感染者

 

これなでに国会議員の新型コロナ感染は確認されていませんでしたが、高鳥修一衆議院議員が初のコロナ感染者となりました。

それだけに、国会内でのクラスターが心配されます。

国会では、高鳥修一衆議院議員のコロナ感染を受けて、施設のアルコール消毒などを徹底しているようですが、今後の感染者の拡大が懸念されます。

高鳥修一衆議院議員の濃厚接触者は井上万博相

高鳥修一衆議院議員と衆議院本会議で隣席していたということで、井上信治万博担当相(50)が濃厚接触者となっています。

井上万博相は現在、予定をキャンセルして自宅待機の状態です。

高鳥修一衆議院議員の事務所では、高鳥修一衆議院議員の行動歴をまとめて保健所に提出していてます。

保健所の判断ではさらに濃厚接触者が出てくる可能性が考えられます。

高鳥修一からクラスターのまとめ

高鳥修一衆議院議員の国会議員初のコロナ感染によるクラスターについて書いてきました。

高鳥修一衆議院議員は多くの国会議員と接触し、濃厚接触者も特定されています。

国会でのクラスターの可能性は比較的高いと考えらえるため、今後の同行が注目されます。