芸人

トム・ブラウンみちおはサイコパス 怪力による放送事故も!?

トムブラウンみちおがサイコパス

お笑いコンビのトム・ブラウンのみちおさんサイコパス感がたまらないと言う声が多数寄せられています。

その怪力とまるで鶴瓶さんのような笑顔のギャップ

と言うのが、トム・ブラウンのみちおさんサイコパスに見える一因でもあるようです。

この記事では、トム・ブラウンみちおさん怪力放送事故の記録から、サイコパスの一面に迫っていきます!

<スポンサーリンク>

 

トム・ブラウンみちおのプロフィール

では、トム・ブラウンみちおさんのプロフィールを見ていきましょう!

トム・ブラウンみちおのプロフィール

トム・ブラウンみちおの基本データ

本名:道 音雄太 (みちおと ゆうた)
生まれ:1984年12月29日
血液型:O型
身長/体重:170cm / 体重:95kg
出身地:北海道札幌市
趣味:ロボット、アニメ、漫画、映画鑑賞、音楽観賞、歴史、ゲーム、スポーツ
特技:スノーボード、相撲、柔道、素手でフルーツを潰してミックスジュースを作る、少年紙を素手で真っ二つに破く、Y字バランス、股わり
資格講道館柔道初段、全日本スキー連盟スノーボード検定1級

趣味の映画鑑賞では、クエンティン・タランティーノ監督の映画が好きなようです。

タランティーノ監督といえば、「パルプフィクション」などマフィア映画やバイオレンス映画で有名ですね。

この時点でサイコパス感あります。

トム・ブラウンみちおはサイコパス

トム・ブラウンみちおの経歴とサイコパスの関係

トム・ブラウンみちおさんのサイコパスとの関連性として気になるのが、趣味と特技のギャップです。

アニメや漫画、ロボット好きなどのようなオタクっぽさがあるものの、

身長170cm、体重95kgで柔道初段!

まるで、アニメのキャラクターそのままのような感じがしますね!

<スポンサーリンク>

トム・ブラウンみちおはサイコパス

それでは、本題のトム・ブラウンみちおさんのサイコパスについて見ていきましょう!

怪力とサイコパス

あのガッチリとした体格と怪力を駆使して、ニコニコしながら凄いことをやってのけていまうトム・ブラウンのみちおさん。

その怪力の原動力の一つが、柔道で鍛えたと思われる握力です。トム・ブラウンみちおさんの握力は60kgを超えるんだそうです。

ちなみの男性の平均握力は47.1kgで、握力60kgはリンゴを片手で潰せるレベルだそうです。

 

トム・ブラウンみちおさんが素手で、パイナップルとメロンを潰してフルーツジュースを作る動画です。

「たくさん汁が出てますね〜」

「健康的〜」

ニコニコしながら素手でパイナップルを潰す姿は、まさにサイコパスと言えるのではないのでしょうか!

もはや怖い!!

トム・ブラウンみちおはサイコパス

サイコパスな放送事故

2020年2月22日放送の『さんまのお笑い向上委員会』で大ケガ寸前の放送事故がトム・ブラウンの間で発生したとして話題になりました。

トム・ブラウンみちおさんと相方の布川さんが番組の冒頭で、自己紹介をした時のことです。

「どうも。トム・ブラウンの布川です」とツッコミ担当の布川ひろきが自己紹介をした後で、すぐに相方のみちおが「芦田愛菜で~す」とボケた。次に布川はいつものように「ダメ~」とみちおの頭を上から押さえつける。

すると、何を思ったか、みちおが布川の頬を思いきりビンタで返したのである。変な雰囲気になった二人は組んずほぐれずの状態になると、みちおが布川を大外刈りで投げ飛ばすという、なんだかワケのわからない様相になってしまった。

突然の乱闘騒ぎに出演者一同は唖然としていたようです。

運よく相方の布川さんに大きな怪我はなかったようでしたが、一応病院で検査を受けたようでした。

トム・ブラウンみちおはサイコパス

そして、トムブラウンみちおさんはこの騒ぎについて、さんまや他の出演者から尋ねられてこう答えたそうです。

「あまりに待ち時間が長ったので」「情熱が溢れちゃいました」と、みちおは悪ぶれる様子もなく笑って答えたのである。これを聞いて、スタジオ中は「サイコパス」「怖い」の大合唱となった。

トム・ブラウンみちおさんはまさにサイコパスの称号にふさわしい存在と言っていいでしょう!

<スポンサーリンク>

トム・ブラウンみちおはサイコパスまとめ

トム・ブラウンみちおさんがサイコパスと言われる理由について書いてきました。

持って生まれた身体能力の高さと、お笑いのスキル、そしてサイコパス感溢れるあの表情!

今後も活躍が期待されるトム・ブラウンみちおさんを楽しみに見ていきたいですね!